So-net無料ブログ作成

コービーが17歳の自分へあてた手紙 [コービー関係]


今日、コービーが“THE PLAYER'S TRIBUNE”というサイトに
『Letter to My Younger Self』というタイトルの記事を寄稿しました。文字通り、若き日の自分へあてた手紙です。

元サイトの記事へのリンクはこちらです。


“Letter to My Younger Self”



こういう記事はやはり気になるのと、自分の英語力の訓練にもなるし、今回も和訳してみました。
いつも通り、私の感覚で意訳している部分もあるのでお許しくださいね。

また、本文中にはありませんが、和訳した時に分かりやすいように『』をつけて強調させている部分があります。



17歳の自分に向けたアドバイスとは何なのでしょうか?バスケットボールの心得?技術?
それともチームメイトとの関係性について?


それは、少し意外なことについてのアドバイスでした。
それではご覧ください。


↓ここからが和訳





若き日の自分への手紙 


親愛なる17歳の自分へ。


明日、レイカーとしての夢が叶うとしたら、君は将来の家族や、友人に対しての投資の方法を見つけないといけない。

これは単純なことだ。君は多分、ほとんど悩むことはないだろう。だけど、少しの時間、深く考えてみよう。




私は『投資』と言った。


『与える』とは言っていない。


説明しよう。



兄弟や家族に単に高級なものを与える(買ってあげる)ことは正しい決断だと思うかもしれない。
君は彼らを愛している。そして彼らは君が成長するとき、いつも一緒にいた。だから彼らが君の成功と、それに伴うことを共有するのは正当なことだ。

だから君は彼らに車を買う。大きい家を買う。彼らのためのすべての料金を払う。
君は彼らに素晴しい人生を歩んでほしいし、快適な人生を歩んでほしい。そう思うだろう?



でも、君は正しいことをしていると信じているのと同じくらい、実際は彼らを支配していることに気づく日がやってくるはずだ。


君は彼らのことを気にかけている『君の』気分が良くなっていることに気付くだろう。
彼らの笑顔や、何の悩みもないような様子を見て、『君が』幸せに感じるんだ。
(解説:人に物を買ってあげて、人を喜ばせているつもりが、実際は人に物を買ってあげている自分に酔っているということですね)

そしてそれは君が極めて自己中心的なことなんだ。


君が自分自身に満足している間、君は徐々に彼ら自身の夢や抱負を奪っているんだ。

君は彼らの人生に高価なものを付け加えているけど、それはすべての中で本当に貴重な贈り物:“自立”と“成長”を減らしてしまっている。

家族のリーダーとなって、取り掛かるためにはそれらのことを理解するんだ。そしてそれは難しい判断を含む。
君の兄弟や家族がその時は理解してくれなかったとしても、だ。



彼らの未来に『投資』しろ。ただ与えるな。



富や影響力などの君の成功を使って、彼らを自分自身の夢に気付かせたり、正しい目的を見つけることができるようなベストなポジションに置いてあげるんだ。

彼らを学校に通わせ、仕事の面接をさせ、自分自身の力でリーダーにさせるんだ。君が今たどり着いたところや、いつかたどり着くところ(レベル)に彼らを連れていくために、彼らのハードワークや献身を同じレベルに保たせるんだ。



私がこの手紙を今書いたのは、君にこの過程をたった今すぐに始めてほしいからなんだ。
そして彼らを楽をさせてしまったことでできてしまった依存心を取り除くために、君が傷ついたり、悩んだりしないでいいようにするためにも。

その依存心は、怒りしか生まない。すべての人からの恨みや、嫉妬も含まれる。君自身も含んでね。



時が経つにつれて、彼らが自立して、自分自身の抱負を持ち、自分自身の生活を持つ姿を見ることができるようになるはずだ。そして彼らみんなとの関係性も結果として良くなっていくはずだ。



君に書きたいことはもっとたくさんあるんだけど、でも17歳で、君が2000もの言葉を席に座って集中して見れないのは分かっているからね。



君に次に書こうと思うのは、ビジネスにおいて、関係のないようなものをミックスさせるチャレンジについて触れようかな。

僕が君にできる一番大切なアドバイスは、親は『親』であって、『マネージャー』ではないということをしっかりと確認することだ。


君が最初の契約を結ぶ前、親に対しての正しい予算を見つけないとね。
親は君のビジネスが成長するのと、人々に長期の成功を築かせている間は美しい生活をしたいと思うだろうし。
その方が、来るべき時に、子供達の子供(孫)や、その次の子供は自分自身の将来に対して投資をすることができる。



君の人生はまさに変わろうとしている。そして物事はとても早くやってくる。でも、君が9時間のトレーニングを終えた夜に、(ベットに)横になった時に少し考え込んでみよう。


信じてくれ、最初から物事を構成しておけば、たくさんの涙や、悲観を避けることができる。
いくつかは今日まで残ることになるけど。


じゃあね。


コービーより





いかがでしたでしょうか。少し難しい内容だったので、和訳に苦労し、時間がかかってしまいました。


この記事を読んでいると、なんだか涙が出そうな、悲しいような気持ちになりました。
コービーがこのような考えに至るまで、どんな辛い思いをしてきたのかな、などついつい考えてしまいます。
バスケットボールのコート上では華やかな面ばかり見えても、家族との問題など、裏では辛い思いもたくさんしていたのでしょうね。


そういえば、数年前に『コービーの母が実家にあったコービーのジャージーやチャンピオンリングを無断でオークションに出そうとした』ということが問題になり、裁判沙汰にまで発展したのを覚えていませんか?

私の憶えている限りでは、コービーが母親に大金を払ってあげることになり、その代わりにオークションへの出品を取りやめたはずです。


実の親がお金のために子供の記念品をオークションに出すなんてありえないと私は頭にきたのを覚えています。
コービーがかわいそうだと思っていました。


コービーの両親との確執は結構話題になっていましたよね。今も解決していないでしょう。
昔のチームメイトや交流のある人など、あれだけコービーの関係者が会場に来ていたコービーのラストゲームに両親が来ていなかった(はず)ので、その点から考えても“お察しください”ですよね。


両親との確執などの問題を経てこの手紙に記したような考えに至り、今回書いたのかもしれませんね。



以上ですが、今後もコービーについて面白い記事があれば和訳などをしていくつもりです。
なのでなにか面白いような記事を見つければ私に教えていただけると嬉しいです。ツイッターでお知らせください。


今日は以上です。

↓よければクリックお願いします(^^)

人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジェラルド・ヘンダーソンにコービーが言った『1/4インチ』 [コービー関係]


久しぶりの記事になります。

2015~16シーズンが終了してから、レイカーズにはいろいろな動きがありました。

ルーク・ウォルトンのHC就任、ドラフト、さらに今現在はFAの真っただ中です。
そういえば、ケビン・デュラントがGSWに移籍しますね。驚いた人もいらっしゃるのではないでしょうか?


FAに関して、ツイッターを見ていると、『~が欲しい!獲得したい!』というようなツイートをされている方がたくさんいて、勉強になります。
そういうのを考えるのも楽しみの一つですよね。


そんな中、ポートランドからFAになっている、ジェラルド・ヘンダーソンが良い!というツイートを見かけました。
私もその意見に同意で、SG/SFのバックアップとしてはかなり良いのではと思っています。


それでヘンダーソンについて情報を調べていると、とある記事を見つけました。

その記事とは、コービーが引退を発表後、ヘンダーソンがコービーとのエピソードをプレーヤートリビューンというサイトに投稿したものです。

見てみると、面白いな、と感じたので和訳してみました。

元記事はこちらになります。

【The First Time I Guarded Kobe】

この記事は今年の1月21日に投稿されたものなので、新しい話題でもなければ旬ネタでもないです(笑)

さらに、私はこの和訳をヘンダーソンがまだFAの状態のままで、どのチームとも契約していない
日本時間7/4の深夜に和訳しています。さらに追加で7/5の昼にこの記事を書いているので、FAの動向をまだチェックできていません。
もうヘンダーソンがどこかのチームと契約していたら、ちょっと残念ですが。


いつものごとく、少し和訳が間違っているところもあるかもしれませんし、
少し分かりやすいように意訳している部分もあります。ご了承ください。


それでは、ここからが和訳になります。


【僕が初めてコービーをガードした時】 ジェラルド・ヘンダーソン



『何かリムがおかしい』

それがコービーが僕に初めて言った言葉だった。

人々は、コービーが完璧主義者だと言う。少し、そう思う。

彼と初めて会った時のことを紹介しよう。


それは僕のルーキーイヤー、2009年にレイカーズがビジターとして来ていて、試合前のシュートアラウンドの時だった。
コービーは一人でコートに出てきて、プルアップジャンパーを打っていた。

フィリー、ローワーメリオン(コービーの出身高校)の近くで育った子供だった私にとって、それは大きな出来事だった。
彼は国のレジェンドだけでなく、ホームタウン・レジェンドでもある。僕が9歳くらいの時、お父さんに連れられて高校の試合を見に行ったんだ。

コービーは50得点した。しかも、4Qはベンチで座っていたのに。僕はコービーがハーフコートに1歩入ったところからシュートを打つのを見た。
そして、それを決めた。そしてディフェンスに戻る際に、まるで自分自身がどれほどいいプレーヤーかわかっているかのように、格好つけて歩いていた。
彼はやった。ローワーメリオンは立ち見席だけの、小さな体育館だ。みんな彼を見るために来ていた。



その時のことについての話はもう終わりで、2009年、コービーと僕は2人ともNBAプレーヤーだった。でも、彼の方が僕よりもちょっとだけいいプレーヤーだった。ほんのちょっとね。

僕の人生の半分以上の期間で、コービーは僕のアイドルであり続けている。僕は彼がやったことを、すべてやろうとした。だから、実際の彼を見ることは、僕にとってとてもクールな出来事だった。

だから僕は、試合開始の45分前にシュートアラウンドを行なった。コービーはコートの反対側にいて、シューティングを行っている。僕は彼をざっと見渡した。僕はルーキー、コービーがどんなふうにウォームアップに取り組んでいるのかを見たかった。おそらく、僕はいくつか彼から学んだ。ムーブもいくつか盗んだ。


でも不思議だった。コービーは僕がシュートを決めた以上に、シュートを外していた。実際、彼は多くのシュートをミスしていた。

すると突然、僕が彼を見ると、コービーはシューティングをやめていた。彼はボールを腰のあたりと、片腕で挟んで保持して、他の人と一緒にサイドラインへと移動していった。


それから、様々な騒動が始まった。

メンテナンス・クルーの人たちがどこからともなく現れた。まるでアイスホッケーのコートに変更するかのように。作業員が急いでコートにやってきた。
コービーは彼らに何か言っていたのと、ジェスチャーをしていた。でも、僕の立っているところからは、何を言っているのかは確認できなかった。


突然、彼らはバスケットの下に梯子をかけ始めた。コービーは上を向いてリムを見て、作業員は梯子に上った。メジャーテープと一緒に。

何が起きているの?コービーは何かを企んでいた。

僕はその様子をコートの真ん中に立って最後まで見ていた。そしてコービーが僕のところに向かってきた。


コービー:リムが少しおかしかったんだ。

ヘンダーソン:本当?


僕たちは梯子に上って修理をする人たちを見ていた。


コービー:ちょっと低い。リムが1/4インチ(約0,6センチメートル)低かったんだ。

ヘンダーソン:え?

僕はつぶやいた。この試合の前まで、リムのメンテナンスの問題なんて聞いたことがなかった。


ヘンダーソン:どういう意味?

コービー:私がミスしないようなシュートをミスする。間違いなく低い。1/4インチだ。


その時はそれで終わりだった。それだけだった。私たちの初めての会話。彼はシューティング・ルーティーンに戻った。


2つのことが僕の頭に思い浮かんだ。

1.彼のような男と会話をすることができたなんて信じられない・・・

2.ねぇ、コービー、リムじゃないよ。たぶん君はただ・・・シュートをミスしたんだよ



ボブキャッツのその時のコーチはラリー・ブラウンだった。僕は彼をとても尊敬していた。
でも、彼は僕にきつく当たった。すべてのルーキーに対しても。僕がルーキーの時、出場時間をもらうのにもがいた。僕は5分、10分は出場時間を得たいと願った。それすらなかった。


でも、コーチングスタッフは、僕がチームのベストディフェンダーの1人だと知っていた。
だから、僕はアシスタントコーチの一人のジェフ・カぺルに言ったんだ。

『ケイプ(おそらくカぺルの愛称)、今夜僕はプレーしたい。コービーをガードしたいんだ!』

ケイプの反応はこうだった。『君にチャンスをあげるつもりだよ』


僕はコーチングスタッフから聞いたことを言いたいと思った。でも、可能性としては、僕が今夜プレーするのはラリーが僕をテストするためだという方が高いと思った。
彼は僕にとってコービーがアイドルだということを知っていたし、彼は僕がチャレンジに向かうのを見たかった。


いくつかの選手が早くファウルをとられて、ラリーはベンチを見渡した。僕はベンチの端に座っていた。


『ジェラルド、彼をガードしろ』


僕はベンチから飛び上がった。“チャンス”の準備をした。ゲームにまだ出てもないのに、僕は手汗をかき、心臓の鼓動がとても早く打っていたことを覚えている。


NBAで神話を打破するようなデビューをしたかった。あなたたちは、人生の中で、AAUからカレッジ行き、そしてNBAでプレーした選手は緊張しないと思うだろう。
それは忘れてください。NBAプレーヤーも緊張するんだよ。


僕はルーキーで、試合に入った。コービーをガードして、ぞっとした。
今までで一番緊張した。


内緒話:緊張を解く方法は、ゲームに身を沈めることだ。ただ、プレーを作らないといけない。
いろいろなプレー;ディフェンスで相手をストップさせる、リバウンドをとる、ボールにダイブする、ゲームの流れにおいて、さまざまなことをしないといけない。


最初のポゼッションが始まった。コービーはウイングの位置に来た。僕は彼にマッチアップする。さぁ、いくぞ。

コービーのプレーを見て成長してきた。コービーの試合のビデオテープをたくさん見てきた。
正直、彼のゲームを知っているのはもちろん、彼ら(レイカーズ)のプレーも、見れば分かると思っていた。
彼の気持ちも分かると思っていた。今でもそうだけど。


彼は僕がルーキーだということを知っていた。だから、彼は僕相手に早い段階から上手くやっていた。

初めのプレーで、彼は右にドライブした。ドリブルをやめて、エルボーの位置でシュートフェイクをした。
僕はそのプレーを予期していた。コービー独特のプレーだった。僕はステイ・ダウンしていた(フェイクに引っかからなかった)。

彼はシュートフェイクをまた、さらにまた行なった。僕はステイ・ダウンしていた。僕はフェイントには引っかからなかった。


いくつかのプレーの後、コービーはまた僕に向かってきた。彼はドライブした。スペースを空けて、僕はきっと彼が1回目でシュートを打つと思った。それは間違いだった。
彼はフェイクをして、僕はジャンプをしてしまった。

くそっ、やられた。

でも、ジャンプした僕からファウルを得る代わりに、彼はたくさんのトリックを行なった。


僕が空中にいる間、コービーはリバースピボットをして、僕の足元にステップを入れた。トップ・オブ・ザ・キーの位置から、
バックボードにボールを投げた。僕はまだ空中にいた。ヘルプはなかった。見ていることしかできなかった。

※ジェラルドが言っているプレーは、おそらくこのプレーだと思われます。




僕は自分にこう言ったことを覚えている。“馬鹿。フェイクに引っかかったらダメじゃないか”


このムーブが印象的だったのはいくつも理由がある。
コービーはバックボードにボールを当てて、完璧に自分へのパスにできる技術を持っているということ、
空中でボールを取って、フープへ入れたこと。しかも、彼がやったムーブは、おそらく、する必要がなかった。
彼は簡単に僕をトップの位置で陥れて、2つの簡単なフリースローを打てただろう。
でも、彼はほとんどの選手がやろうとも思わないような、創造性豊かなムーブをした。なぜか?
ファンのため?ハイライトのため?彼がレジェンドだから?
理由は誰にもわからない。彼はスペシャルだ。


コービーは30点取ってゲームを終えた。コーチ・ブラウンは僕にうなずいて、よくプレーしたと言ってくれた。
彼は本気で言っていたと思う。コービーが30点取ったにもかかわらず。

僕は自分のゲームプランにこだわった。
偉大なスコアリング・ガードにとってもそれは当てはまる。タフにマークマンを守り、コンテストされた2ポイントシュートを打たせる。バランスが崩れたジャンパーなら、なおさら良い。


問題は、バランスが崩れた、コンテストされたジャンパーが、コービーの最大級のオフェンスムーブだということ。
彼はドライブでディフェンダーを抜き去り、自分のスポットを見つけ、ヘルプディフェンダーが来てもアシストをせず、飛び上がり、ディフェンダーが手を伸ばしても届かないような、高い位置へのジャンプからボールをリリースし、よりアーチを高くしてシュートを放つよね。
もしあなたがディフェンダーなら、あなたが打たせたグレイトなシュートだ(ディフェンダーがよく守っているということ)
どんなコーチも笑顔になるだろう。


でも、コービーはそれらのシュートを決めてくる。一貫して。そしてそれに対してあなたができることは何もない・・・


コービーのスコアリングの芸術性は完璧だった。もしそれらのシュートが決まるのならば。
彼は相手が計算することも、計算のうちだ。彼は得点を取るためのムーブでいっぱいのツールボックスを持っている。
毎夜、彼は新しいツールがあり、新しいシナリオがある。良いディフェンスがコービーをスローダウンさせるのは稀だ。
クレイジーなことに、良いディフェンスがコービーをさらに良くする。彼はただ、新しいムーブを披露して、試せるような時を待っているんだ。


彼の本領は、コービーがただジャンプシュートしか持っているわけではないということだ。
彼は試合ですべてに渡って上手くやる。彼は長期間、オールディフェンシブチームのメンバーだった。
彼は毎夜、他のチームのベストペリメータープレーヤーをチェックして、封じ込めた。
キャリアを通して、彼は過小評価されたパサーだった。なぜなら、彼は難しいシュートを打って、決めるからだ。
彼は多方面にわたって活躍してきたんだ。


今シーズン、彼の20年の最後、コービーはいつもの彼自身ではなかった。明らかにケガが彼を取り上げ、過去のような活躍ができていなかった。
たくさんの人が彼を批判し、ほとんど、彼がゲームでしてきたことを忘れているかのようだった。
NBAで彼がしてきたことが忘れられていた。僕のように、彼を見て育ってきたような子供たちに対してしてきたことが忘れられていた。
コービーがなぜバスケットボールプレーヤー史上、最も偉大なプレーヤーの一人なのかを僕が分析する必要はない。コービーのさよならツアーの今年中、コメンテーターがそれ(分析)をするだろう。そしてこの先何年も。


バスケットボールというスポーツ、また、他のスポーツについて言えば、勝つためにプレーしないといけない。
だから、コービー・ブライアントに関しては、チャンピオンとしての彼を全力で、最も称賛し、尊敬する。5回にも渡って。それは誰も絶対に忘れられない。



ブザーが鳴り響いた後、僕はコートから出ようとして、そしてあるメンテナンスクルーのうちの一人、ウォームアップの最中に梯子をコートに持ってきた作業員を見つけた。

僕は訊ねた。

ヘンダーソン:ねぇ、試合前にリムがどうかしたの?

作業員:ああ、誰かがリムが通常よりもちょっと低いと私たちに知らせてくれたんだ


さらに彼は言った。

作業員:気にしないで。ちゃんと10フィート(元の高さ)に調節したから


そして彼はどのくらいずれていたのかを僕に伝えた。


その答えは言えるけど、でも、彼が言った数字は、すでにあなたは知っていると思う。




以上が和訳になります。


ヘンダーソンについては、昨季のポートランド戦で、印象的なことがありました。

レイカーズ戦でのことですが、ヘンダーソンがまるでコービーのようにポストアップして、バックダウンでディフェンダー(マッチアップしていたのはコービーではないです)を押しこみ、コービーのようなターンアラウンド・ジャンパーを打って決めたシーンがありました。

それを見て、私はヘンダーソンってこんなプレーをする選手だったかな?と違和感を覚えたのですが、今考えれば、コービーを見て育った選手だからこそ、コービーがいる前で、コービーから学んだムーブを披露したのかもしれないですね。


さらに試合後、コービーはコートを去る前に相手選手たちとハグをしていましたが、ヘンダーソンとは仲よさそうに、他の選手よりも少し長めに会話をしていました。

コービーは相手選手の実力に関係なく、自分に対してハードにディフェンスするなど、立ち向かってくる選手を気に入る傾向がありました。自分と同じようなハードワーカーが好きなんだと思います。

コービーも何年にもわたるヘンダーソンとのマッチアップを経て、ヘンダーソンのハードワーカーな部分を見抜き、気に入っていたのかもしれません。


ところで、まだヘンダーソンはFAのままで、どことも契約をしていないのでしょうか?
上でも言いましたが、ヘンダーソンはなかなかいい補強になると思うのですが。
これからツイッターを見て、FA達の動向をチェックしたいと思います。

今日は以上です。

↓よければクリックお願いします(^^)

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます