So-net無料ブログ作成

コービーのSF起用はグッドアイデアなのか考えてみた [コービー関係]

記事の更新が大幅に遅くなってしまいました。

本来なら8月中に書くつもりだったのですが・・・

焦って書く必要もないな、と思っていたら、もうこんな時期になってしまいました。



今回はコービーのSFでの起用について考えてみました。

ご存知の方も多いと思いますが、コービーは来季、SFでの起用が多くなるとの

見方が強いです。


そこで、コービーのSF起用はレイカーズにとってグッドアイデアなのか、

そうでないのかを考察してみました。




先に私の結論を言うと、“レイカーズにとって”はグッド

“コービー個人”にとってはバッドです。


理由は以下の通りです。


まず、“レイカーズにとって”の見方から。


レイカーズは現在、誰がなんと言おうと完全な再建期です。

これはコービーがプレーしてようがしていまいが関係なく、完全に、です。

今のレイカーズの状況はフィラデルフィアやニューヨーク、
ミネソタなどのチームと何ら変わりないです。


それが今のレイカーズの立ち位置です。

まさか前回、2010年の優勝からたった5年、しかもコービーが現役でいるうちに
こんな状況になるなんて夢にも思ってませんでしたが。



再建期ですので、まずは選手を育成しないといけません。

Gのポジションだと、ジョーダン・クラークソンや、今年のドラフト2位指名で獲得した

ディアンジェロ・ラッセルです。


チームとしては、クラークソンやラッセルを数年後の主力となってほしいと考えているので、

2人ともスタメンで使いたいと考えているはずです。


ラッセルはルーキーですが、ラッセル以外にスタメンを任せれるような選手は見当たらないですよね。

FAで獲得したルー・ウィリアムスはシックスマンとしての起用が濃厚ですし。

よほどのことがない限り、経験を積ませるためにもラッセルをスタートとして使うはずです。


となると、コービーはSFにスライドすることになります。


チームの将来を考え、若手に経験を積ませるという視点で考えると、

コービーのSFでの起用は理にかなったものになります。

なので、“レイカーズにとって”はグッドアイデアです。




次は“コービーにとって”の見方です。

なぜバッドアイデアなのかというと、サイズの問題と、現在のNBAがSFが人材豊富だからです。


コービーのSF起用におけるマッチアップの影響をオフェンス面とディフェンス面に分けて考えてみます。


まず、オフェンス面ですが、こちらはSFになるからといって、影響はさほどないです。

NBA全体的のSFの身長を見ると、大体201センチ~206センチの選手が多いので、

198センチのコービーから見ると自分よりサイズの大きい選手とマッチアップすることが

多くなります。


ですが、これは今に限った話ではないです。

今までもコービーに対してはコービーより身長が高く、常に相手チームのベストディフェンダーが

マッチアップしてくるという状態でした。


コービーは自分より身長が2インチほど高いプレーヤーにマッチアップされると

少しやりにくそうにするときもありますが、今に始まったことではないので、

オフェンス面での問題はさほど感じられないと思います。



問題は、ディフェンス面です。


現在のNBAはPGとSFの時代と言われているほど、SFには人材が豊富です。

ウエスタン・カンファレンズのチームに所属するSFの選手で、

厄介だと思う選手をリストアップしてみると、


ケビン・デュラント=OKC

クワイ・レナード=サンアントニオ

ジェフ・グリーン=メンフィス

チャンドラー・パーソンズ=ダラス

ルディ・ゲイ=サクラメント

ゴードン・ヘイワード=ユタ

アンドリュー・ウィギンス=ミネソタ

などが挙げられますし、他にもひと癖ありそうなプレーヤーとして

ポール・ピアース=LAC

ウィルソン=チャンドラー=デンバー

トレバー・アリーザ=ヒューストン

アンドレ・イグダーラ、ドレイモンド・グリーン=ともにゴールデンステイト

などがいます。


これを見ても分かる通り、ウエスタンだけでもこれだけSFポジションには

多くの実力のある選手がいます。

(イースタンのチームとは年に2回しか試合がなく、ウエスタンのチームとの試合の方が
多いので、今回はウエスタンのSFだけを取り上げました)


以前、コービーがアキレス腱断裂から復帰した時か膝の骨折から復帰した時か

どちらか忘れてしまいましたが、

『ディフェンスの方が相手の動きに合わせて動かないといけないから苦労する』

と言っていたのを覚えています。


現在のNBAのSFがこれだけ人材豊富なのですから、ディフェンス面の方に影響が出るのでは

ないかという面が少し心配です。

ディフェンスで体力を消耗してしまい、オフェンスにも影響が出てしまうと最悪ですからね。


SFよりもSGの方が実力がある選手が少ないですし、負担は少なくなると思います。


よって、“コービー個人”のことを考えると、良いアイデアとはいえないと考えます。



次にコービーがSFでプレーするために何が必要なのか?ということを書こうと思っていたのですが、

結構長くなってしまったので、別の記事にして書こうと思います。


こちらは頭の中で書きたいことはまとまっているので、数日以内には書く予定です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます