So-net無料ブログ作成

ジェイ・ウィリアムスが語る、コービーの“異常な”練習熱心さ [コービー関係]



引退して1年以上たつというのに、コービーのエピソードは次々と出てきます。

今回はとある、意外な元プレーヤーによって語られるコービーのエピソードになります。


その“意外な元プレーヤー”というのはジェイ・ウィリアムスです。


今の若いNBAのファンの方は、彼を知らない人が多いかもしれません。

というのも、彼がNBA選手だった期間は、ほんのわずかです。ドラフト全体2位指名だったにもかかわらず。



簡単に彼の紹介をしておこうと思います。



ジェイ・ウィリアムスは名門デューク大学出身のPGでした。在学中にネイスミス・アワードも受賞しています。


そして2002年ドラフトにて、全体2位指名でシカゴ・ブルズに入団します。


ちなみにこの時のドラフト1位はあのヤオ・ミンでした。ヤオ・ミンか、それともジェイ・ウィリアムスか、ドラフト前にどちらが1位指名を受けるか話題になったのを覚えています。
結局ヤオの方でしたが。


かなり期待されていましたが、ジェイ・ウィリアムスのルーキーイヤーはパッとしませんでした。
そしてそのオフ、彼を悲劇が襲います。


彼はバイクを運転中に交通事故に遭い、大怪我を負ってしまいます。



私の記憶では、NBA選手の大部分はバイクに乗ることを禁止されていたはずだし、今でもそのはずです。
ですが、彼はバイクに乗ってしまい、事故に遭いました。


不幸なことですが、同時に『自業自得だな、こりゃ』と当時は思ったものです。



事故から回復し、プレーヤーとして復帰をしようとしましたが、結局満足に復帰をすることもできず、彼は早々とプレーヤーとしてのキャリアを終えることになりました。

名門デューク大で素晴らしい活躍を見せ、ドラフト2位指名権を受けた選手としては、あまりにも悲しいキャリアだったと言えます。



そんな彼ですが、現在は大学のコーチングや、解説者をやっているという情報を見たことがあります。
自身のプレーヤーとしてのキャリアは不幸なものでしたが、バスケットボールに携わる生活をしているみたいでホッとしています。



少し話が脱線しましたが、今回はそんなジェイ・ウィリアムスが体験した、コービーの“異常な”練習に対しての姿勢が窺えるエピソードになります。



これはウィリアムス唯一のNBAキャリアと言っていい、彼のルーキーイヤーの体験みたいです。

レイカーズ対ブルズの試合前の練習の際の出来事。


彼の語ったエピソードを和訳して載せていきます。


ちなみに元記事はこちらになります。

【This is a fantastic story about Kobe Bryant’s insane work ethic】



ウィリアムス:


この試合は7時からだった。チャンピオンチームのレイカーズとね。
僕は3時にアリーナに行って、試合前に400本シュートを決める練習をして、
それからサウナ風呂に入ってゲームの準備をするつもりだった。


誰を目撃したか?私はコービーを見た。すでに練習していた。


コートに入り、私は練習を始めた。私は1時間、1時間半ほど練習をした。

私は引き揚げ、練習を終えて座っていたけど、もちろ、まだボールの弾む音が聞こえていた。
私は見渡して、『あの人、まだ練習してるの?』って感じだった。僕が来た時、すでに彼は汗まみれだったのに。


その試合で、コービーは僕たち相手に40得点した(※注:実際のスタッツは36点)

試合が終わって、僕は『彼に聞かなくちゃ。私は彼がなぜあんなに練習をするのかを理解する必要がある』と思った。試合が終わって、

『ねぇ、コービー、あなたはなぜあんなに長くジムにいるの?』と訊いた。


彼は『君がやってくるのを見たから。そして、“君がどんなにハードに練習しても関係ない。 僕は君よりもハードに練習しようと思っている”ということを君に知ってほしかったんだ』と私に言った。



以上がエピソードになります。



はっきり言って、異常でしょう(笑)
なぜなら、この時コービーは既に3つのチャンピオンリングを手にし、スーパースターとしての地位を確立しています。


そんな選手がドラフト2位指名とはいえ、パッとしないルーキー相手に。しかも試合ではなく、練習でです。

“自分の方が君より練習するんだ!”と張り合うわけです。普通に考えて、こんなことをする選手は稀でしょう。



だけどこれが“コービー・ブライアント”なのです。


おそらく、コービーにとってはリーグにいる全選手、スター選手から下部リーグを行ったり来たりの人まで、すべての選手が競争相手なのでしょう。


はたして今のリーグにこんな選手が何人いるでしょうか?
おそらく片手ほどもいないのではないでしょうか。私が知らないだけで、いるのかもしれませんが(笑)


この“持って生まれた競争心”こそが、コービーをあれほどの選手にしたのでしょう。



今回はこれで以上ですが、少し余談を。


近いうちに当ブログの名前を変更します。

というのも、コービーが引退して1年以上たつのに、未だに“コービー応援ブログ”なので(笑)


もちろん今でもコービーを応援しているし、情報は追っていますが、コービーはもうレイカーズの選手でないし、レイカーズは新たな時代に入ってきています。


そういう意味でも、ここで一区切りつけ、ブログの名前を変更しようと。
もちろんコービー関連の記事は今後も書きます。単にブログの名前を変更するだけです。


只今ブログの名前を考え中です。変更した際はツイッターで報告させてもらおうと思っています。



今回は以上です。

よければクリックお願いします。

人気ブログランキング



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 1

sumacase

宣伝失礼いたします。

レイカーズ2017-18シーズンの新ユニフォーム、コービーブライアント&ロンゾボールのテーマケース、サイン入って黄色のホームバージョン。iPhone8/7対応。

http://sumacase.com/products/iphonex/nba-case-243.html
by sumacase (2017-10-20 16:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます